BLOG
スタッフブログ

意味を知れば着たくなる!?色打掛の模様に込められた意味

いつもパルテスタッフブログをご覧いただきまして、ありがとうございます(^^)

 

春らしく暖かい気候になりまして、パルテ正面の桜も満開を過ぎ新芽が出て参りましたが、まだまだ見頃なスポットも沢山ありますね♪

 

このシーズンは前撮りラッシュですが、ゴージャスでかわいいドレスにも憧れるけど、やっぱり私達は日本人。美しい色打掛を見ると思わずため息が出るくらい、うっとりします♡

 

 

 

 

鮮やかな模様たちが、花嫁さんのおしとやかな美しさをより引き立ててくれます**

 

 

 

 

 

 

 

今まで何気なく見ていた模様たち。でも実はそれぞれ意味がちゃんとあるんですよ♪

 

 

 

着物の模様に込められた、素敵な意味をお勉強しましょう♡

 

これを見れば衣裳選びのポイントが少し変わるかもしれませんね!何も知らないで着るよりも、ちゃんと意味を知ってひとつひとつかみしめながら結婚式の特別な時間を過ごしたい♡

 

着物の模様の素敵な意味を知って、賢く素敵な花嫁さんに(*^^*)

 

 

 

 

*百花の王、牡丹*

 

 

とても豪華な牡丹の花は「幸福」「富貴」を意味します。

小さな丸いつぼみから大輪の美しい花を咲かせることが由来となってます♪

高貴な意味合いを持つ牡丹柄の着物は、昔は高い身分の人しか着る事ができなかったそうです。さすが百花の王!存在感抜群でとても綺麗です*

 

 

 

 

*長生きできる、鶴*

 

 

鶴は「生命力の豊かさ」「長寿」を意味する神秘の鳥!「鶴は千年、亀は万年」というのは、みなさんご存じかと思いますが、正月にも鶴を遊ばせる風習があったり、とてもおめでたい鳥なんです♪

 

古く平安時代から長寿延齢の鳥として尊ばれてきた鶴の模様。おめでたい事があったり幸せを祝う場の着物の模様として選ばれてきました。

込められた意味はもちろんですが、その美しい姿から長く愛され続けている模様です♪

 

そして一度夫婦になると一生添い遂げる唯一の動物でもあります。

これから新しく家庭を築いていく二人にぴったりですね♡

 

 

 

 

*美しく耐える梅の花*

 

 

厳しい冬を耐え忍び、春一番に美しい姿を見せてくれる梅の花。「忍耐力」や「美」を表す、美しくも力強いお花です。

寒い冬を強く耐え忍び、後に美しい花を咲かせるのが健気な梅の模様は、やまとなでしこ風美人な花嫁さんにぴったり♪

 

実はもうひとつの意味も♡

梅は、「産め」との掛詞から、安産祈願も込められているのです!

おしとやかでガーリーに可愛い梅のお花の模様の打掛を着て、素敵な花嫁さんに♪

 

 

その意味を知って着るのと知らないで着るのでは大違い!

女としての格が上がりますね♪

 

意味を知っていると更に気持ちも高ぶり、選ぶのがもっと楽しくなりますよ(^_-)

 

最高の一着を着て特別な一日を過ごしてくださいね♡