BLOG
スタッフブログ

パルテの神前式その①

パルテスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本日はパルテの神前式について。

 

 

日本の伝統的な花嫁衣裳、白無垢に憧れる方も多いのではないでしょうか?

白無垢に綿帽子、結婚式でしか着る事のできない衣裳ですし、白無垢姿が見たいと思われる親御様のご意見も良く聞きます。

 

神社などで行われる事が多い神前式ですが、もちろんパルテでも神前式を挙げる事が可能です。

 

パルテの場合、【内殿式】という厳粛な式を執り行います。

 

 

 

まずは『出雲杵築殿』という内殿にて。

 

出雲大社広島分院より斎主にお越しいただいております。

 

 

こちらは血縁の近いご親族のみ参列して頂きます。

本来、神社などで本尊を安置しておく内殿という場所。

 

 

 

 

 

 

【出雲杵築殿内殿結婚式 式次第】

 

 

参列者着座

 

斎主参進

 

新郎新婦並びに媒酌人入場

 

開式の辞

 

修祓の儀

 

祝詞奏上

 

むすびの儀

 

神誡(かみのみおしえ)

 

新郎新婦誓詞奉読、玉串拝礼

 

新郎新婦誓盃の儀

 

代表玉串拝礼

 

斎主挨拶

 

閉式の辞

 

退場

 

 

 

 

極めて厳粛な式となりますので、私たちも緊張します。

 

 

 

 

 

この後、【祝賀式】というのがあり、ここよりその他のご親族やご来賓、ご友人にも参列して頂き、斎主よりご報告をさせて頂く場を設けます。

 

祝賀式についてはまた後日ご案内しますね♪

 

記事を更新しました>>パルテの神前式その②